カフェラテカフェオレ違い

easypresso|カフェラテとカフェオレの違いについて

「カフェラテとカフェオレって何が違うの?」

”ラテ”と”オレ”どちらも牛乳(ミルク)が入っていることに間違いはないはずだけど…。意外と詳しい違いはわからなかったりしますよね。

今回は一度はっきりさせておく意味で「カフェラテとカフェオレの違い」についてまとめておきましょう。

カフェラテは「エスプレッソ」+「ミルク」

まずはカフェラテからですが、カフェ・ラテの語源はイタリアになります。確かにお店にある表記も「ラッテ=Latte」といった感じでイタリアっぽさを感じなくもないですね。

成分は何で出来ているかというと「エスプレッソ」+「ミルク」で、割合は20%:80%です。

カフェラテはエスプレッソとミルク

エスプレッソとミルクだからこその大人の味わいがカフェラテといったところでしょうか。

ちなみにカフェラテには(というかカフェ全般)イタリア系とシアトル系の2つに分かれていて、本場ではイタリア系はどちらかというとぬるいものを楽しみ、シアトル系のカフェラテは熱いものを楽しむようです。

なるほど、だから私たちが大好きなアメリカ発祥のスタバは、「エクストラホット」なんて注文ができるのかもしれませんね。

カフェオレは「ドリップコーヒー」+「ミルク」

続きましてカフェオレですが、語源はフランス(フランスで好まれるコーヒーの飲み方)でカフェ・オ・レと区別して考えるみたい。(lait レ)の意味が牛乳なんですね。外国語は難しいです。

カフェオレの成分は「ドリップコーヒー」+「ミルク」で、割合は50%:50%です。

カフェオレドリップコーヒーミルク

コーヒーがドリップコーヒーなんですね。だからミルクとの割合も5:5で十分な甘みを味わえるのでしょう。日本ではどちらかというとカフェオレとコーヒー牛乳が同義語として扱われている印象です。そしてパッケージ化された商品名と味の印象が紐づけされて、「カフェオレ」=「甘いもの」と決めつけてしまっている人が多いかと思います。

しかしあの”甘さ”はあくまでも砂糖による甘さです。砂糖なしでドリップコーヒーとミルクのみのカフェオレを飲めば純粋にミルクの甘みのみ楽しむことができるってことですね。

違いは「コーヒー」の部分、その抽出方法だった!

ということでカフェラテとカフェオレの違いは、コーヒーの部分が「エスプレッソなのか」「ドリップコーヒーなのか」という抽出方法の違いにあるということでした。

ミルク80%エスプレッソ20%のカフェラテは、エスプレッソが放つ芳醇な苦みが多めのミルクによって大人の味わいとなりますが、ドリップコーヒーとミルクが5:5で交りあうカフェオレは、程よいミルクの甘みがひきたち飲みやすくなるといったところでしょうか。

勘違いしてはいけないのは、甘いのがカフェオレというわけではありません。甘いのは砂糖を入れるかどうか、またその入れる量によって変わるということです。

だからカフェラテだって砂糖をたくさん入れて飲めばあま~いラテが楽しめるわけです。疲れているときはちょっと多めの砂糖を入れてカフェラテを味わう― そんなのも疲れが癒される最高のひとときですね。

 


関連記事


easypresso エスプレッソマシン人気ランキング


おすすめ記事


スポンサーリンク
スポンサーリンク